Amazonギフト券買取とクレジットカード現金化の違いとは?

Amazonギフト券買取とクレジットカード現金化の違いを調べる男性

Amazonギフト券買取と類似するサービスとして、クレジットカード現金化が挙げられます。

実際に「クレジットカード現金化」と検索をすると、クレジットカード現金化に特化したサイトに混じって、Amazonギフト券買取業者を紹介する比較サイトが出てきますので、同じように資金調達策としての需要がありそうです。

どちらに申し込みをするか迷っているかたは必見です。

クレジットカード現金化とは?

クレジットカードに付属されるキャッシング枠とショッピング枠のうち、ショッピング枠の残高を利用して、現金として引き出すことのできない残高を現金化すること。
引用-クレジットカード現金化DX

Amazonギフト券買取の専門業者があるように、クレジットカード現金化も専門でサービスを行なっていますが、ここ最近になって登場したものではなく、10年以上も存在する資金調達策です。

Amazonギフト券買取業者の使われ方の多くは、クレジットカード現金化と同様にショッピング枠を使ってギフト券を購入し、現金を得るために買取依頼をするという実態から、クレジットカード現金化=Amazonギフト券買取と包括されます。

実際、クレジットカード現金化業者がAmazonギフト券を取り扱うことも珍しくはありません。

Amazonギフト券買取業者が従来のクレジットカード現金化のキャッシュバック方式や買取方式による現金化を案内されることはありませんが、逆にクレジットカード現金化業者がAmazonギフト券買取を案内するケースが報告されています。

セキュリティがよいカード会社や、取り扱いが無い国際ブランドのクレジットカードを持つ利用者に対し、決済環境を移行する目的があるようです。

クレジットカード現金化は違法性が懸念されている

クレジットカード現金化には違法性がある
クレジットカード現金化を題材に国会の答弁の中で言及されたこともあります。

※少々手間を取りますが、国会会議録検索システムの中で、確認することが可能。

そして実際に、クレジットカード現金化業者が逮捕された前例があり、ウェブサイトを構えて集客をしていた業者だけでなく、メルカリや店舗型のような運営体系に関係なく検挙されてきました。

議員立法の話や、弁護士会の意見書が公開されるなど、既存の法律に明文化する動きがあったものの、実現にいたっておらず今日まで営業を続けています。

報道各社のニュース記事では、いまもネットに残っている事件は少ないものの、逮捕された事例についてご紹介しておきます。

  • クレジットカード現金化業者の逮捕(ソースあり)
  • クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法で事実上のヤミ金融を営んだとして、警視庁生活経済課は5日、東京都台東区の貴金属販売会社「インフィニティ」の元代表で飲食店経営、橋本幸治容疑者(41)=板橋区仲宿=を出資法違反(高金利、脱法行為)の疑いで逮捕した。
    引用-日本経済新聞

  • Amazonギフト券買取業者の逮捕(ソース元削除)
  • 容疑者は自身が管理するインターネットのサイトで、詐欺グループがだまし取ったギフト券の現金化を請け負い、収益を得ていたとみられる。

    捜査2課によると、サイトで取引されていたのは、ネットショッピングなどで番号を入力して使うギフト券。詐欺グループがだまし取ったギフト券の番号を他者に伝える形で売っており、売却代金は2015年11月から約2年間で総額約12億8千万円に上るという。

  • メルカリを使った業者の逮捕(ソースあり)
  • インターネット上で物品を売買するフリーマーケットアプリ「メルカリ」への現金出品に初めて出資法違反(超高金利、脱法行為)容疑が適用された事件で、16日の逮捕者は全国で計4人に上った。
    警察当局は、現金の売買が実際には金の貸し借りで、額面を超えた部分を利息と判断した。
    引用-産経新聞社

それでも、申し込みをしてクレジットカード現金化をした人に対する報道はありません。

捜査の過程で警察から連絡があったり、逮捕されなかったとしてもカード会社から利用停止や制限を課せられる可能性は十分にあるでしょう。

専門業者を利用しなくても、自分でなにか商品を購入して売ることも同じ現金化ですから、換金を目的としていれば同じようなトラブルに発展する可能性は排除できませんね。

Amazonギフト券買取とクレジットカード現金化はどちらがいい?

Amazonギフト券買取かクレジットカード現金化か悩む男性

結論:どちらも同じクレジットカード現金化であり、優劣はつけられない

クレジットカード現金化業者では、キャッシュバック方式と買取方式が主流ですが、Amazonギフト券買取はクレジットカード現金化の買取方式に当てはまります。

Amazonギフト券買取業者が増えた理由として、以下が考えられます。

  • クレジットカード現金化よりAmazonギフト券買取のほうが印象がいい
  • 広告がネット上の限られた枠しかなく、キーワードを変えて競合他社との差別化
  • Amazonで購入してもらうことで決済環境の準備をしなくていい

つまり、利用者に対する恩恵よりも業者にとって都合がいい側面がほとんどで、Amazonギフト券買取業者はクレジットカード現金化とは言っていないという体面が取れるのです。

これをまた都合のいいように用い、Amazonギフト券買取業者は昔からあるクレジットカード現金化業者たちを悪くいう傾向にありますが、その本質は同じです。

しかし、Amazonギフト券買取業者の場合、都道府県の公安委員会から古物商の許可を得ている業者が多く営業しています。

当サイトでは、すべての買取業者に対して古物商許可番号の掲載の有無について掲載。

身元がハッキリしているという点で、クレジットカード現金化業者よりもAmazonギフト券買取業者のほうが評価できるくらいです。

どちらを利用するにせよ、換金率や還元率の良し悪しはもちろん、比較サイトから情報を収集し、実際に問い合わせをした上で説明をよく聞きましょう。

消費者として根拠を確かめる術は比較サイトの情報に頼るほかありません。

申し込みしたら必ず利用しなければいけないことはありません。

手続きの途中でも、店員への質問に対して回答を濁されたり、疑問に思う内容については、のちに振り返って調べるとよいでしょう。

関連記事

  1. Amazonギフト券買取でクレジットカードが利用停止になった

    Amazonギフト券買取でクレジットカードが利用停止になる!?

  2. 買取率と換金率が違うと指摘する男性

    買取率と換金率は違う!?Amazonギフト券買取業者を見るときは注意!